読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むき出し まる出し

当たって砕けないワタシの全部 ただの雑談

選挙特番に思うこと

選挙特番の不思議。
  

昨日の選挙後。

20時からどの局も一斉に選挙特番でした。

 


もう投票は終わって結果発表だけでしょう?

 

なぜ開票にそんなに時間を割いて番組を作るんだろうか。

 

わたしは全部開票を終えた後の結果一覧だけ分かればいい。

 

 

特番やるなら選挙前にやればいいのになぁ。

 

投票呼びかけポスターとか作る割に、投票率上げる気そんなにないよね。たぶん。

投票締め切った後に、その人の人柄とか選挙活動とか知っても、もう意見(投票)を変えられない訳で。

 

 

当選直後の興奮した状態での「これからの抱負」とかどうでもいいような気がするんだけど。

 

(応援してくださった有権者のために、がんばります!しか言いようがないもの・・・)

   

 

むしろこれから各々公約を実践してもらって1~3か月後くらいのコメント(感想)とか見てみたい気が・・・。

 


なんか盛り上がり方が変な気がする。

  

 

なーんてね。

 

テレビ局も視聴率のためというのは分かってます。

 

結局これも、わたし自身これまで選挙や政治をきちんと見て考えなかった結果なんだろうな。と思う。

 

これからは国会中継とか、政府の動向とかもう少し意識してみようかな。

 

投票はずっとちゃんと行ってたけど、こんな風に考えたのは初めてかもしれない。

 

 

わたしにとっても学びになった今回の選挙でした。