読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むき出し まる出し

当たって砕けないワタシの全部 ただの雑談

しあわせは・・・ 味わうもの つまりは、気づくもの

ふと気づき。

 

「気がつく」と
「感じる」ことができる
ようになるんだな。

ってハナシです。

 

「あーっ しあわせだな~」と思うとき

それは「幸せを噛みしめている時」

 

言い換えれば「味わっているとき」

 

「大変だなー」と思うときは

大変さを「味わっているとき」

 

じゃあ、味わうってなんだ?と思ったら

それは「気がつく」ってこと。

 

「〇〇なことに、気が付く」と、認識できるようになる。

「気が付いた」瞬間から、「在る」ものになる。

 

それはやっぱり「意識」するしかないんだけども。

 

いまPCをたたきながら、わたしには夜風が当たってます。

結構ひんやりした気持ちいい風。

 

でもこの風がいつから当たってるのかはわからない。

さっき「あ、風が当たってる」って気づいたから認識してる。

 

そういうもんなんだね。

 

 

 

ぼーっとしてて、人の話が耳に入ってこない時は
「気が付いていない時」

 

そろそろアレしなきゃあ、って思うのは
アレに「気づいた時」

 

 

そう考えると「気づいていること」いっぱいあるなーと思う。


同時に「気づいていないこと」も、まだまだいっぱいあるんだろうな~とも。

 

 

今日は
「気づいていないことがある」ことに気づいたぞ^^

 

また鋭くなってしまった。 ← 自画自賛♪  

そうか、だからワタシは敏感なのだな。

そしてこれも動物的なものなんだろうな。