読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むき出し まる出し

当たって砕けないワタシの全部 ただの雑談

置いてきたモノに、追いかけられる

昨晩から今朝にかけて、もろもろ反省と多大な気づきがありました。

 

夫と旅行に行ったり、友人とバンジージャンプしたり、遊びイベントが続いていたのでほげ~っとしてましたが、

 

完全に

調子乗ってたなぁ・・・

 

今回いろんな方にご迷惑をおかけする形になり、ようやっと自分のしてきたことや選択の間違いに気づくことができました。

 

そしてこれまで「頭では理解していた」ことが「腑に落ちた」ので反省を踏まえて書きます。

 

なんか仰々しく書いてますが、これって超普通のことです。

本当に。
当たり前すぎるくらいに。

 

では、いい歳ぶっこいて、まだまだアホンダラなわたしの恥部をドウゾ。

 

 

判断材料は「目に見えるモノ(物質)」である

想って、考えて、言って、行動した先の、出来上がった「モノ」でしか、他人からは判断されない。

いかに目に見えるものにするか。

自分の行動は自分からしか見えていないから、結局は「モノづくり」を早めるのが一番。

 

わたしは「行動」してると思ってた。

「やってる」からいいだろうって。

けど、本当に必要のなのは「その先」の「モノ」だった。

 

だから、わたしが途中ウルトラスーパーめちゃくちゃこだわった「事」なんかは、本当にどうでもいい話なんだな~と感じた。

「70%でも出来たら出す」の意味は、アタマでも理屈でもよーくよーく分かっていたけど、本当に腹落ちしてなかった。


やっと「こういうことか」が分かった気がします。

 

「やればいい」じゃない。

「できるまでやる」じゃない。

「目に見えるものを最短で」がベスト。

 

そしてできたら寝かせず
「すぐ見せる&フィードバックをもらう」だね。

 

 

置いてきたから、追いかけられる

わたしは本当に昔から時間や物の管理ができなくて、自分でも何が何だかよく分かっていませんでした。

小学生のころから遅刻ギリギリで、毎日走って学校に行く子でした。

いつも慌ててるから、忘れ物もしょっちゅう。

つい最近では家の鍵&オートチャージパスも紛失。(まだ出てこない)

 

でも手帳は大好きで、自分でも状況をなんとかしたくて、フランクリン手帳は20歳に知った時にセミナーにも行ったし手帳も使ったし、他に手帳術、時間管理の本もよく読んだ。

ビジネス書も好きで、仕事術、〇〇ハック みたいな本もめっちゃ読んだ(読んだだけ)

 

けど一切身に付かなかった。(身に付けなかった)

書いてある通りにできなかった。(やらなかった)

 

自分に向いていないと思ってた。(これは今も思ってる)

だから結局、まーいいやって思ってた。

 

そしていつも何かに追いかけられてました。

意味のない焦燥感に駆られていました。

 

コレも当たり前なんですけどね。。。

 

追いかけられるのは、溜めてるから。

その時「置いた」から。

洗濯物や、食器洗いみたいに、すぐ処理しないから溜まっていき、追いかけられる羽目になる。

これからサエキはオート処理機になります。

ヤックルからジョブチェンジします。


冷静に考えるとヤックルやその他 動物だって、目の前のことに「その瞬間」に対処してるだけなんだよね。

ただヤックル名にすると また勘違いしそうなので「反射反応ニンゲン」になろうと思う。

溜めない・溜まらないワタシ誕生です。

 

なんかこの調子(オート反射ニンゲン)で過ごしていると、セルライトすら勝手に落ちそうな気がする。

この「反射」を大事にする考え方は、すべて、全て、総てに通じる気がするよ。

 

時間はみんなのもの

これも、分かってるようでわかってなかった。

「自分の人生、自分のもの」ってずっと思ってます。(今もそう)

 だからいつの間にか「今この時間も自分だけのもの」感覚でいたみたい。

 あと、自分に意外と影響力がある事に気づいていなかった。

だから「自分のもの」感覚でいられたのだけど。

 

ワンネスに近いかも。

時間はみんなのもの。

 

わたしが家でひとりで明らかにさぼったり、手を抜いたりしているその時間は、誰かの時間を奪っていることなんだな。と思った。

誰かの時間を前借りして、浪費してました。

 

前は、浪費も「どうせ自分の時間だし~」って大して気にしてなかった。

そうじゃなかった。

その時間はわたし以外の、誰かの成長の時間なんだった。

だからやる理由があるんだね。

 

前借り時間がたまってるので、どんどこ処理します。

 

 

以上、
「えっ!?今ごろそんなことに気づいたの???」という
今さら感ありありの
アホンダラさえきの気づきでした~