読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むき出し まる出し

当たって砕けないワタシの全部 ただの雑談

「ちゃんと」がなかなか捨てられない

昔からずっと「ちゃんと」できなくて
苦しんでいたので

今年に入って「ちゃんと」を捨てようと思っていたのに
なかなか捨てられないし

なんなら今まさに「ちゃんと」を求められてるし

求められたら「応えたい」と思ってしまう私なので

応えようとして今めっちゃ苦しいんだな~~~~

 

という事を、冷静にぼーっと思ってます。

 

 

「ちゃんと」してないわたし=そのままのわたし

なんだってばーーーーーー

 

だからほんとは

「求められるちゃんと」になんか、応えなくていいんだってばーーーー

 

だって「求められるちゃんと」=わたしじゃない もの

 

思った。

 

わたしは「その場」人間なので
ちゃんと作業する仕事は向いていないのだ!

趣味(個人の楽しみ)で、引きこもるのはアリだけど・・・。

 

「何でもできる強み」のせいで
言えば「ちゃんとやってくれそう感」が出ちゃってるんだ。多分。

 

でもわたしの「何でもできる強み」は
クライアントの欲求を満たすためのものでなく
わたしが「好き」を追求するためのものなのだ。

 

使う方向間違ってたよ。

 

強みのおかげで言われればやれるけど
それはわたしにとってはものすごく苦しいことなんだ。

 

このまま「他人基準のちゃんと」を続けていたら、わたしが死んでいく感じがする。

 

何もしなくても「ちゃんとわたし」なのだから。

そのわたしが喜ぶことがしたい。

こんなに苦しませる事ばかりでなく、もっと別なことで喜ばせてあげたい。